千葉市 稲毛区 内科 呼吸器科 糖尿病 生活習慣病 外科 漢方 サプリメント プラセンタ 武田クリニック

武田クリニック

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-12-2

043-290-8338

メインメニューを開くメインメニューを開く
現在の流行

猛暑が続き、体調を崩される方が、多くなっています。
今年は梅雨寒が続いたあとの梅雨明けから猛暑が続くことで、体調を崩される方が多くなっています。
冷房の効いた室内と猛暑の外気の温度差による影響と体力の低下で、咳喘息、喘息発作を発症しやすい時期です。
また、この時期のイネ科の花粉は、鼻炎だけでなく、咳喘息も誘発します。
免疫力も低下しがちで、各種感染症(溶連菌、手足口病、アデノウィルスなど)も多くなっています。
喘息の持病のない方でも、天候の影響や疲労、花粉症の影響により、ウィルス感染症などに
罹患すると、思わぬ咳の悪化を起こすことがあります。
少なくとも2週間以上継続する咳、あるいは2-3日でも朝夜の咳込みの悪化や、
呼吸困難に感じる場合は、咳喘息の初期が強く疑われます。
風邪薬を乱用せず、受診されることをお勧めします。
特に慢性の喘息の方は、吸入を怠らないことが重要です。
感染症予防、アレルギー悪化予防には、日々の食生活を含めた生活習慣が非常に重要です。
詳細はトピックスをご参照ください。