千葉市 稲毛区 内科 呼吸器科 糖尿病 生活習慣病 外科 漢方 サプリメント プラセンタ 武田クリニック

武田クリニック

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-12-2

043-290-8338

メインメニューを開くメインメニューを開く
  • HOME
  • お知らせ
  • 新型コロナウィルス感染症について:第7報(3/23付け) 修正
新型コロナウィルス感染症について:第7報(3/23付け) 修正

 新型コロナウィルス感染症(以下COVID-19:Coronavirus Disease2019))についての連日報道により、パニックになっておられる方も多くなっていますが、くれぐれも慌てないように行動されてください。

 千葉県内をはじめ各地で、三次・四次感染と思われる症例が報告されています。最近の傾向は、介護高齢施設での集団発生や海外渡航からの帰国者が国内に持ち込む症例が増加傾向にあります。高齢者施設での蔓延や病院での院内感染が拡大すると、高齢者や持病のある方が、重症から命に関わる危険性が高くなるので、非常に懸念されます。介護施設や病院へお見舞いなどで訪れる方は、ちょっとの風邪症状でも見合わせるよう努めてください。また、海外からの持ち込みのケースは、水際対策だけでは完全に防御できません。現在、帰国後の待機期間や追跡は行われているようですが、まだ油断はできない状況にあります。

 3/22までに国内での有症状患者数は(チャーター便帰国者は除く)907例、無症状病原体保有者は105例で、総数1012例。千葉県内での発生例は42例と報告されています。これをPCR検査実施検査数に対する陽性率でみると、国内全体の実施数は18226例で、国内全体の陽性率は、5.6%。千葉県内での実施数は1781例で、千葉県内での陽性率は2.4%でした。発症者が多い県では、3/21までの報告で、北海道が159/1652(陽性数/検査実施数)で9.6%、東京都が142/18487.7%、大阪府が125/20346.1%、愛知県は3/16までで141/84716.7%となっています。PCR検査は、検体採取の手技上の問題や、検査自体の感度などから、偽陰性(本来陽性なのに陰性と診断される)、偽陽性(本来陰性なのに陽性と診断される)と診断されてしまう数が、多くはありませんが一定数出てしまいます。しかしそれを鑑みても、この陽性率からは、医師がCOVID-19に罹患しているのではないかと疑い検査をオーダーしても、陽性になる数は決して多くはないことがわかります。軽症の感染者で検査を実施していない数は検査陽性数の10倍くらいいるのではと推測する意見もありますが、パニックになるほどの陽性率ではないと考えます。

 また、死亡者数は、3/22までで国内36例、千葉県内でまだありません。感染者の年齢別内訳では、60代以降の発生は約60%ですが、死亡者は、3/21時点ではすべて70代以降で、70代が10例、80代が19例、90代が5例です。しかし、70代でも重症でない症例は78.9%、80代でも73.3%となっています。

 以上から、まだ発生例はありますが、これまでの傾向を冷静にみれば、あくまで「現時点までは」と限定されますが、感染拡大は制御されていると思われ、繰り返しになりますが、パニックになることはないと考えます。しかし、この制御はこれまで私たちが手洗いなども含め、感染予防対策をとってきた成果とも言えます。これから、外出やイベントなどの自粛をどこまでに留めるかが問題になろうかと予想されますが、やはり個人個人の感染予防の意識・対策はまだまだ怠ってはいけません。